2007年10月29日

初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた


初音ミクとは2007年8月31日にクリプトン・フューチャー・メディアから発売された音声合成・デスクトップミュージック (DTM) ソフトウェア、および同ソフトのイメージキャラクターの名称です。
初音ミクには公式プロフィールとして以下のような設定があります。
年齢: 16歳
身長: 158cm
体重: 42kg
得意ジャンル: アイドルポップス / ダンス系ポップス
得意な曲のテンポ: 70-150BPM
得意な音域: A3-E5

初音ミクのキャラクターデザインは、髪は青緑色で、くるぶしまで届く長さのツインテール。黒を基調としてところどころに電光表示をあしらっている。
声に身体を与えることで、よりリアリティが増すという観点からバーチャルアイドルとしてキャラクターが設定されている。

初音ミクは簡単に言うと、パソコンを使って音程、長さなどを細かく調節して、非常に人間に近い歌を歌わせることが可能なソフトのことです。
初音ミクの声優は藤田咲。
初音ミクの魅力にメロメロになるという意味で「みっくみく」という単語が使われることもある。
SDキャラクターは「はちゅねミク」と呼ばれることが多い。
緑髪のキャラクターにねぎを持たせる風潮があった事から、初音ミクの動画にはネギを持つ画像が多く見られる。

初音ミクの発売当初は『初音ミク』に歌わせた楽曲はカバー曲がほとんどであったが、徐々にオリジナルの曲が増え始め、2007年9月20日に動画サイトに投稿された『みくみくにしてあげる♪』は非常に話題を呼び、秋葉原の販促用店頭デモにも使用されるなどした。
【関連する記事】
posted by 初音ミク at 12:28 | TrackBack(0) | 初音ミク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。